• 英語を教えてくれるベビーシッターもいる!

    一般的にベビーシッターは、急な用事ができたり体調が優れない親御さんが代わりに子どもを保育してもらう目的で利用します。しかし、中には子どもの世話をしながら英語を教える英語ベビーシッターがいます。
    国際化が進んでおり子どもが小さい頃から英語を学ばせたいと希望している方が非常に多いです。


    インターナショナルスクールや英語教室に通わせるなど様々な工夫をして英語を学ばせており、シッターにも英語力を求めている方が増えています。

    英語を教えてくれるシッターは、ご利用される方から依頼があることが前提になります。
    そのため、お子様に英語を学ばせたい方はその旨を伝えておくことをおすすめします。

    英語を教えるシッターは、シッターをしている間は基本的に日本語を使用しません。



    もちろんほとんどのお子様は英語を理解することができないため、英語で優しくわかりやすいようにジェスチャーを含めながら話しかけます。

    まずは英語が楽しいものだと認識してもらうことが大切なので、シッターは様々な工夫をしながらお子様が英語と触れ合う機会を増やしていきます。



    外国人シッターとして働く方もいますが、必ずしも外国人だけとは限りません。



    日本人で海外へ留学経験があったり、帰国子女だったり、英語が得意な人など様々です。
    そのため、ベビーシッターにこだわりがある方で、ただお子様を預けるだけで無くプラスでお子様に英語を学ばせたいと考えている方にも適しています。