将来的に需要が見込まれるベビーシッター - ベビーシッターとして働きたい
  • 将来的に需要が見込まれるベビーシッター

    ベビーシッターというと、一部のお金持ちの方だけが利用するサービスだと考えている方も少なくありません。



    しかし、欧米では一般のご家庭でも気軽に利用することが出来るサービスです。


    日本ではまだ育児は母親が行うべきだと考える方も少なくないのですが、欧米では女性も男性も子育てに参画しますし、共働きのご家庭も多いので子育てサービスを利用することに心理的ハードルが低いという背景もあります。



    日本でも日本の労働人口は今後どんどん減っていきますので、女性も社会に出て働いてもらわないことには企業活動が成り立たない時代になっています。
    保育所はそのためいっぱいで子供を預けて働きたくても働けない家庭も少なくありません。
    保育園の入園が決まるまでの間や、預かってもらう時間について融通がより効きやすいベビーシッターのサービスは今後ニーズが高まる仕事であると言えるでしょう。


    ベビーシッターの資格は保育士や幼稚園教諭のようにベビーシッター資格がなければ働けない資格ではありませんが、民間資格でも取得しているのと、取得していないのとでは預ける側の親の立場からすると安心感が違います。ベビーシッター資格をきちんと取得されているシッターさんに預ける方が、より責任感を持って働いていらっしゃるという印象を持つものです。



    特に小さなお子さんを預かるというのはとても責任のある仕事ですので、子供についての基礎知識を学んだという証明になるでしょう。