• ベビーシッターの将来性

    最近では待機児童が社会問題となり、出産後も仕事を続ける方も増え、共働きの家庭が多い中、必要とされている職業がベビーシッターです。


    最近ではメディアに取り上げられる機会も増え、認知度も高まってきています。

    皆さんはベビーシッターと聞いてどういうイメージをお持ちですか?よくテレビ番組の衝撃映像で海外のベビーシッターが子供に暴力をふるったり、金品を盗んだりと自分の子供をお願いするのは心配と思われる方も多いのではないのでしょうか?ベビーシッター会社としても、そういったイメージを払拭するためにコンプライアンスを尊寿し、透明で安全な経営方針を掲げる動きが強まっています。子供が好きだからというだけで務まるほど簡単な仕事ではなく、働く本人が強い責任感と親、子供との積極的なコミュニケーションを取り信頼感を抱いてもらう必要があります。



    ベビーシッターのメリットは、幼稚園、保育園とは異なり一人一人の子供と向き合って、その子の性格や特徴を理解して楽しい時間を共有したり、時には厳しく叱り、やっていいことダメなことをちゃんと分からせて人として成長させることができます。

    こういう時代だからこそ必要とされている職業ですので、将来性は充分にあると思います。



    だからこそ働く一人一人が自分の子供に接するように時には優しく、時には厳しく、その子の将来のことまで考えて接することでご両親からの信頼も得られるし、仕事のやりがいも感じることができると思います。